ロカマドールの黒マリア(2) 聖都

ロカマドール 第2話 - 聖都 -

第1話 - 出発 - からの続き)


ロカマドールは、フランス南西部ケルシー地方(Quercy)にある小さな村。
パリからほとんど真南に下り、急行電車で乗り継いで5時間くらいで到着しました。

アルズー渓谷の絶壁の上に、城塞や聖堂、民家が
ところ狭しと肩を寄せ合うようにして村がつくられています。


朝日のロカマドール
Le 9 juillet 2010 * Arrivée à Rocamadour * Photo by RESONANCE


ロカマドールは、初期キリスト教の隠修士聖アマドールの隠遁の地で、
発見された聖アマドールの遺骸が腐敗していなかったという伝説から、
12世紀以降に宗教都市として栄えた巡礼地です。

そういえば駅の標識には、ロカマドール- Rocamadourの語源である
Roc-Amadoer (アマドールの岩)と、ちゃんと意味のあるスペルで表示されていました。

村の歴史は、大きな謎に包まれているといいます。
この険しい石灰岩質の岩山の村を有名にしているのは、
数々の奇跡を起こしたとされる黒いマリア。
奇跡が起こるときは、マリア像の上にある鐘がひとりでに鳴ると伝えられています。

ロカマドールは、フランスでもっとも歴史の古い、黒い聖母の聖地なのです。


教会からの眺望


ロカマドールの無人駅に到着、予約していたタクシーに乗り、
ホテルに着いたのは、もう夕方。
チェックインを済ませてすぐ、わたしたちは
黒マリアが待つ教会へと急ぎました。

吹き鳴らす不思議な音色のトランペットが、遠く、彼方から聞こえてきて、
その音に誘われるがままに、歩を進めてゆきました。

聖書では、トランペットを吹き鳴らすのは大天使ガブリエルの役目。
遠い昔に聞いたような、記憶が呼び覚まされるような懐かしい音色・・・。

辿り着いたのは、まさしく黒いマリアさまが待つ聖都のふもとの石段でした。

トランペット吹きの青年がいました。
巡礼団一行に集合の合図をかけていたのです。
わたしたちも巡礼団に混ざるようにして歩きました。


外観R


見上げると、天高く、岩山の上に聖都がありました。
地面から垂直に、あまりに高いので、首が痛くなってしまうほどです。
ここからは、216段もあるGrand escalier( グラン エスカリエ) 大階段を登るしかありません。
エレベーターもあるそうですが、古の巡礼者のように、足で登りたいと思いました。

階段450段

階段を登りきると、レストランやお土産物屋さんが並んでいます。
お土産も気になるけれど、先ずは聖堂をめざします。

聖堂入り口の門で、自転車の巡礼チームと合流しました。
自転車は、夏のフランスの風物詩ですから、あちらこちらで出会う光景です。
それにしても、この大階段を自転車をかついで登るのですから、相当ハードです。
ゴルゴダの丘まで十字架を担がされたキリストの追体験なのでしょうか?


自転車


聖都広場に到着。

ここでの写真は、見上げる聖堂群しか撮れていませんでした。
岩と合体して、なんとも不思議な光景です。

広場2

岩山の上の聖都は、6つの聖堂と礼拝堂から成っています。
ノートルダム礼拝堂、聖ミカエル礼拝堂(12世紀)、聖ソーヴァ大教会堂、
聖アンヌ、聖ブレーズと洗礼者ヨハネの礼拝堂、聖アマドール教会、大修道院付属の館。

塔のある建物は、大修道院付属の館です。


教会からの眺望2

こちらは、聖ミカエル礼拝堂。
聖ミカエルに奉献されたすべての殿堂と同じように、礼拝堂は高所にあります。
断崖が屋根となっているため、風雨から守られて12世紀の姿をとどめているそうです。


ミカエル礼拝堂


北の壁、8メートルの高さのところに、美しいフレスコ画がありました。
聖霊の鳩を頭上においた聖母マリアと大天使ガブリエルが描かれた「受胎告知」。
その右の「エリザベト訪問」には、聖母マリアと従妹のエリザベトが描かれています。

フレスコ画の画題が、この場所の意味を暗示させるようでした。

それにしても、12世紀のフレスコ画が野ざらしで、
今なお保存状態良く残されているなんて、なんとも貴重です。


礼拝堂入口2


ノートルダム礼拝堂。
聖都の中心にある主要な聖所です。

小さな入口の扉は、15世紀のもの。
岩石の落下で破壊されたり、プロテスタントに放火されたり、
現在の外観は増改築されて、歴史を物語っています。


パノー450


CHAPELLE MIRACULEUSE 奇跡の礼拝堂
( VIERGE NOIRE Ⅻe Siècle ) 黒い聖母 12世紀

ここに、憧れた、あの黒いマリアさまがいます。



* ~ * Chaptre4 Continuer 続く * ~*













テーマ:旅行記 - ジャンル:旅行

2015.04.13 | マリア巡礼

«  | ホーム |  »

プロフィール

mariaikuko

Author:mariaikuko
青山マリアいく子の
「祈りとアートの巡礼記」にご訪問下さりありがとうございます。
導かれるような旅の不思議について書きたいと思いました。
旅で出会った出来事、美しいもの、心の目が見たものを綴っています。
皆さまの旅も、実り豊かなもので
ありますように。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR