【10-4】シャルトル大聖堂 (3) -地下の聖母 -

【10-4】シャルトル大聖堂(3) - 地下の聖母 -

【10-3】シャルトル大聖堂(2)-美しき絵ガラスの聖母- からの続き



聖堂の外壁を覆い尽くす彫像の数々、176枚のステンドグラスにラビリンス。
シャルトル大聖堂は見るべきものが多すぎて、一日かけても時間が足りません。

そもそも観光地ではなく祈りの場ですから、
聖堂の椅子に座ってお祈りする時間も必要です。
わたしたちが訪れた時は日曜日だったので、ちょうど御ミサを挙げていました。
荘厳なパイプオルガンと聖歌隊の歌声が響き渡る聖堂の中にいると、
たとえ信者でなくとも、誰でも敬虔な気持ちになると思います。




シャルトル
Le18 Juillet 2010*La cathédrale de Chartres*Photos by RESONANCE


今回のわたしたちの目的は、「地下の聖母」にお会いすること。

そのために、地下聖堂への入り口を探しました。
どこから地下聖堂に行くのだろう?と迷いました。
聖堂内部からは地下に行けないのです。

Notre-Dame de Sous-Terre ノートルダム ド スーテール(地下の聖母) に会うには、
聖堂の外をぐるりと右側に回り、Le Cript というシャルトル大聖堂付属の売店で
前もって予約しなければいけません。

入場には人数制限があり、ひとグループ10数名のミニツアーだったと思います。
無事予約を済ませ、ツアーまでのあいだ聖堂横のビストロで食事をして待ちました。



クリプト3



ガイド付きの地下聖堂巡り。
入り口は、聖堂のPortail Sud 南ポーチのあたりでしょうか?
ガイドがジャラジャラっと鍵を開け、地下への階段を下りて行くと真っ暗でした。
ガイドの男性の声だけが響き、時折人影がライトで照らされるだけの暗がりの中、
チラッと見た古井戸がとても怖かったのを覚えています。

シャルトルは、大聖堂が建設される以前は、古代の泉信仰がありました。
異教徒たちを井戸に投げ込んだという話を本で読んだことがあったので、
その真偽のほどは解らずとも、この井戸かな〜と....
ササッと素早く立ち去りたい気分でした。



地下の聖母1



しばらくすると、明るい色彩のステンドグラスが嵌められた場所がありました。
少しほっとしつつ、ガイドの説明を聞きました。
フランス語だったので、あまり良く分からなかったのですが、
比較的新しい時代に取り付けられたステンドグラスだそうです。
サファイア・ブルーではなく、ターコイズ色が用いられているのが目を惹きます。

聖母マリアに捧げられた聖堂、Notre-Daemノートルダムの名を持つ聖堂といえば、
ゴシック期(12〜15世紀)を連想しますが、ここシャルトルは、少なくとも
カロリング朝 (8〜10世紀頃)の時代から聖母マリアに捧げられた聖堂であった、
ということが分かっているそうです。

その頃の聖母、Notre-Dameとは誰なのか。

ステンドグラスには、キリストとマグダラのマリア。
磔刑のキリストと十字架にすがりつくマリアが描かれていました。



クリプト4



また しばらく暗がりの中を歩きます。

1020年の火災により、カロリング朝に建造された聖堂の大部分が損壊しました。
のちに、フュルベール司祭によってロマネスク様式で再建されました。
地下聖堂は、わずかに残るカロリング朝の巡礼者廟の周囲に大きなU字を形取り、
そこに長い回廊をつけ、巡礼者の宿泊、病人は看護を受けられる場所にしたそうです。

フュルベールは、司祭になる前は学者・教育者で医学も教えていました。
シャルトル・ベネディクト修道院で教え、中世ヨーロッパで最も学識高い
教育機関だったシャルトル大聖堂付属学校で教鞭を執り、天体観測儀も伝えました。
”シャルトルアカデミーの尊者ソクラテス”といわれ、高く評価された人物です。

今歩いている暗い回廊は、昔は巡礼者と病人で埋め尽くされていたのだな...
ひんやり。

カチャカチャ、ギギ〜ッと、鉄の扉を開け中に入りました。
最初気づかなかったのですが、ふっと振り返ると ギャッ!

なんと後ろの正面にいらっしゃいました!



クリプト2



北回廊に位置し、半円筒ヴォールトの十字天井のある空間に祭壇があり、
その上に「地下の聖母」が祀られていました。

王座に正面を向いて座り、膝の上にキリストを抱く姿は、
典型的な上智の座の聖母像でした。
写真ではわかりませんが、胡桃の木で創られ、
オークの木の葉を象った頭部装飾が特徴的です。
オークにはいろいろな意味があります。

「天と地をつなぐ」「力」「勝利」「正義」「平和」を象徴します。

現在のものはレプリカです。
オリジナルの聖母像は梨の木で彫られ、11世紀頃に安置されたといわれます。
フランス革命期の1793年に、地上の大聖堂正面で焼かれました。
信仰を持っていた人にとって、どんなにか屈辱的で痛ましいことだったでしょう。

現在の聖母像の背景には、緑色の炎が描かれた織物が掛けられています。
この緑の炎は「焼かれても いずれ再生する」と言わんばかりの迫力がありました。



クリプト1



地下の聖母にお目にかかれた感激や、聖堂の壁に描かれている図形も興味深く、
記念撮影なんかしている間に、気がつくとツアー客ゼロ!
ガイドも、ツアー客も誰もいなくなっていました!

遠くでギーーー、バタン!と扉が閉まる音が!
うわ〜またです!
こういう所に来ると閉じ込められたり、置いてけぼりになったりするんです!

超ダッシュで走り、ガチャガチャっと鍵をかけられるその瞬間に
バーン!とドアを開けてやりました!
なんとか脱出に成功しましたが、「Ohhh!」と驚くだけで
詫びもしないガイドってどうなんだ?
ちゃんと人数確認してほしいフランスのガイドさん事情、
気をつけたいものです。

あのまま地下聖堂に置いてけぼりの一夜を過ごしたかもしれないと思うと、
今でもゾッとします。私は過去の巡礼者にはなれないです。

冷や汗を拭い、乱心のままではありますが、上の大聖堂に戻りました。
上の大聖堂と地下聖堂は全く違います。
地下聖堂から上の大聖堂に入ると、光がなんてありがたく。
ステンドグラスは天からの贈り物のように煌めいて、
まるで天上界に招かれたような錯覚が起こるのでした。

最後の目的地「柱の聖母」にお会いするために、ふらふらと
再び大聖堂に吸い込まれて行きました。




     【10-3】シャルトル大聖堂(2)-美しき絵ガラスの聖母 ← 前の記事に戻る

テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

2019.06.15 | マリア巡礼

«  | ホーム |  »

プロフィール

mariaikuko

Author:mariaikuko
青山マリアいく子の
「祈りとアートの巡礼記」にご訪問下さりありがとうございます。
導かれるような旅の不思議について書きたいと思いました。
旅で出会った出来事、美しいもの、心の目が見たものを綴っています。
皆さまの旅も、実り豊かなもので
ありますように。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR