プロヴァンスの夏(2) - 旅の終わり -

プロヴァンスの夏(2) - 旅の終わり -

Chapter9 プロヴァンスの夏(1)- バスティード・ルレ・マドレーヌ - からの続き


【旅程】
2010年7月13日- 15日 ジェムノ滞在

7月15日、いよいよ南フランスの旅を終えてパリに戻る日が来ました。
ゆっくりとテラスで朝食をとり、お昼過ぎに宿を出ます。
帰り支度をしながらマリア巡礼の旅を振り返りました。

今回の旅はまるでミラクル。
移動はいつもハプニングだらけ。
ハラハラしながらも安全に目的地に運ばれました。

予定になかった場所へも次々と導かれました。
導かれた場所から、次の道が開かれてゆくような、
旅のルートは、マグダラのマリアが辿ったであろう道行になっていました。

ただ欠けているとしたら、マグダラのマリアが漂着したといわれる
サント・マリー・ド・ラ・メールには行かなかったことでした。

また南フランスに来ることがあるだろうか?



ジェムノ動画キャプ1_450px
Le15 Juillet 2010* Sejour a Gemenos * Movie creation by RESONANCE



荷造りする窓の外から蝉の声が聞こえました。
風にそよぐマロニエの葉を見るのはとても瞑想的で、
静けさをひきたたせる蝉の声は
旅の記憶を心に刻みつけているようでした。

お昼過ぎにプロヴァンスの宿バスティードの主人に見送られ、
ジェムノからオバーニュ駅へと、もと来た道順でマルセイユ駅に向かいました。

Marseille GareSt-Chrles マルセイユ ギャル サン・シャルル駅から
16時28分発のTGVに乗り、
19時31分に Paris Gare de Lyon パリ・ギャル・ド・リヨン駅に到着。

行き交う人混みをかき分け駅を出ると、人と車とネオンで
パリの町は溢れかえっていました。

もうすでにプロヴァンスが懐かしく思えて泣き出しそうでした。
パリの喧騒の中で耳を澄ますと、あの蝉の声が聞こえてくるようでした。



vimeoリンク用サムネール

プロヴァンスの蝉の声

↑お聞きになりたい方は、リンク先の動画をご覧ください



~*~Chapter9 Fin ~*~







テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

2016.06.30 | マリア巡礼

«  | ホーム |  »

プロフィール

mariaikuko

Author:mariaikuko
青山マリアいく子の
「祈りとアートの巡礼記」にご訪問下さりありがとうございます。
導かれるような旅の不思議について書きたいと思いました。
旅で出会った出来事、美しいもの、心の目が見たものを綴っています。
皆さまの旅も、実り豊かなもので
ありますように。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR