サン・マクシマンへ

サントマクシマン150817


サン・マクシマンへ

Chapter:7 サント・ボームのマグダラのマリア(4) -山頂 のマグダラ礼拝堂 からの続き


【旅程】 2010年7月13日
La Sainte-Baume サント・ボーム山に登山のあと、St-Maximin サン・マクシマンへ移動


山頂のマグダラのマリア礼拝堂でマリアに会い、マリアの声を聞き
すっかり満たされたわたしたち。
朝食も昼食も採ってなかったのに、お腹もまったく空いておらず、
採った食事は ”胸いっぱいの喜び” でした。

この山にまたいつか帰ってくることを誓い、山を下りました。
下山のすがすがしさはまた格別でした。



サントボーム下山
Le 13 juillet 2010 Pour aller à St-Maximin Photos by RESONANCE


プロヴァンスの真夏の光、ちょうど正午の真昼の光は、
サント・ボームの白い山を青く染めていました。
振り返ってみると、そびえ立つ山も緑の森も
夏の日差しに溶け合って、そこには光だけが存在するようでした。



サントボーム下山2


山から降りて、登山道の入り口に帰ってきたところで
「Bonjour! ボンジュール!」 と小さな女の子の声。
フランス人の親子が、すれ違いざまに挨拶をしてくれました。

わたしも「Bonjour!こんにちは!」 と挨拶を交し、すれ違うと
とっても優しいものが、わたしたちを通り抜けてゆくようでした。

ふと振り返り、写真を撮りました。
シャッターを切った後、不思議なことに、
すぐにこの親子の姿は消えてしまいました。

深い森に吸い込まれていったのでしょうか?
幻覚?
真夏の白昼夢?



天使


3人の親子は、まるで光の天使のようでした。
山頂でわたしたちが体験したことを、
「良かったね!」と、
お祝いしに来てくれたのかもしれません。



ピザテラス



下界に下りてきた〜。
麓の広場まで戻るとそんな気持ちになりました。
駐車場の横には、サント・ボーム唯一のカフェテリアがあります。

正午。荷物を預けていた宿坊に戻る時間です。
チェックアウトを済ませ、朝予約しておいたタクシーを待ちました。
ところが、待てど暮らせどタクシーは来ない・・。
電話してみたが繋がらない。電波状況が悪いためだ・・・。
何度かトライして、ようやく繋がった。

「マダム、あなたにずっと・・・」
と、タクシー会社の女性が出た。
プチっと切れる。
また電話する。

「マダム、あなたに電話していたけれど繋がらなかった。」
プチッと切れる。
また電話する。

「マダム、今日タクシーは予約の時間より遅れることを伝えたかったのですが・・」と。
わたしは、え〜い、言い訳がましいことはイイからッ!
「何時でもいいから来てくださいッ!」 と言い返しました。
プチプチ途切れる電波の波間を縫って、ようやく予約し直しました。
予定の時間より1時間遅れてタクシーに来てもらうことに。

ふう~。
やはり友人たちが言う通り、車をチャーターしておくべきだった。
今回の旅、天国と地獄、神聖な夢心地と過酷な現実を
交互に味わう旅のようです・・。

気を取り直してお昼ご飯でも食べようと、カフェテリアでピザを注文しました。
が、そのとたん、あろうことかタクシーが来てしまいました!

「えっ?早いんじゃない? 1時間後って言ったでしょ?」
そんなわたしの驚きなんか、まるで無視。
むむっ。感じ悪い・・。
しかし、これを逃しては足がない・・・。
ピザを泣く泣くキャンセルして、タクシーに乗り込みました。

お世話になった宿坊を後に、わたしたちは
マグダラのマリアの亡骸が眠るという教会に行くために
サン・マクシマンの町へと向かいました。



オステルリー



フランスのタクシー旅はクジみたいです。
吉と出るか凶と出るか?ドライバー次第。
終始無言の手荒な運転。今回は凶だな〜。
山道なんだからスピード出し過ぎないでくださいよぉ。
狭い山道のカーブで、対向車とギリギリですれ違う。
きゃ〜。
その時、「Bonjour! やあ!」 と男の声。

見ると、対向車のドライバーはあの青年でした!
サン・ザカリーの町で、サントボームまで運んでくれた
あの同僚似の笑顔がまぶしい気の良いドライバーです。

「サント・ボームの滞在はどうだった?」と、尋ねるような優しい目で、
わたしたちに手を振りながら去ってゆきました。
わたしたちも手を振り、サヨナラと言いました。

サント・ボーム、行き道のタクシー旅は、大吉だったのを思い出しました。
サン・ザカリーからタクシーでサントボームの宿坊へ。

修道院の宿坊で出会った人々。
ケルトの深い森。
サント・ボーム山のマグダラのマリアの洞窟。
山頂の礼拝堂。

たった1泊だけの
極めて質素なサント・ボーム滞在でしたが、
一生分の満ち足りた喜びがありました。




chemin.jpg


ありがとう、サントボーム!
さよなら、サントボーム!

美しくも切ない別れは、新たな珍道中の始まり。

これから行くサン・マクシマンの町。
そこではどんな運命が待ち受けているのでしょう?




* ~ * Chaptre 8 Continuer 続く * ~*





















テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

2016.03.23 | マリア巡礼

«  | ホーム |  »

プロフィール

mariaikuko

Author:mariaikuko
青山マリアいく子の
「祈りとアートの巡礼記」にご訪問下さりありがとうございます。
導かれるような旅の不思議について書きたいと思いました。
旅で出会った出来事、美しいもの、心の目が見たものを綴っています。
皆さまの旅も、実り豊かなもので
ありますように。

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR